アメリカ不動産投資をするなら知っておきたい
エリア選びの基準

アメリカ不動産投資において、最適な物件を探すためには、
まずはエリア選びが重要です。
長期的な値上がりが期待できるエリア選びには押さえておくべき5つのポイントがあります。

人口増が続いている

1

人口増が続いている

まず第一に「人口増が続いている」エリアを選ぶことが重要になります。人口が増えれば住宅需要が高まり、価格・家賃ともに値上がりが期待できます。

一方で、人口が減少しているエリアでは需要が縮小していくため、不動産価格の上昇はあまり期待できません。この時、不動産価格に対して家賃の引き下げはゆっくり進むので、利回りだけは高くなるエリアも少なくありません。

安全・安心な不動産投資を目指すのであれば、人口が増加しているエリアは最も重要な条件といえます。

優れた教育機関がある

2

優れた教育機関がある

優秀な教育機関があるエリアは、現地の方にとって魅力があるエリアです。

有名な高校、大学といった優秀な教育機関が存在するエリアには、自ずと学生やその家族が集まってきます。

日本でもそうですが、アメリカでも世帯所得が高いほど、子供の教育に熱心である傾向があります。そのため、優秀な教育機関があるエリアは世帯所得が高くなる傾向があります。

交通利便性が高い

3

交通利便性が高い

交通アクセスのよさは、日本の不動産市場を見る上で重要とされるポイントですが、アメリカの場合、日本と異なり「駅近」というよりも「近接する空港の規模や物流拠点としての機能性」のあるエリア選びが重要になります。

特にアメリカ国内の都市を結ぶハブ機能を持つ空港のあるエリアでは、人が集まりやすく経済活動も活発になり、その土地の価値も高まりやすいといえます。

居住者の世帯年収が高い

4

居住者の世帯年収が高い

世帯年収が高いエリアでは、その居住者が住宅にかけるコストも大きくなり、そのエリアの不動産価格にプラスの影響を与えます。

また、一般的に世帯年収の高いエリアは治安面でも良好な傾向があります。

不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

5

不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

不動産価格が現地の方にとって高すぎないエリアであることもポイントの一つです。

不動産価格が世帯年収に対して高すぎて現地の方に手の届かない価格であると、オーナー様の売却時に売却先が限定されてしまい、出口戦略に不安が生じます。

現地の人でも手が届く価格帯で、かつ今後の不動産価格の上昇も見込めるエリアを選ぶことが重要です。